IoTラスト

IoT関連

【IoT導入方法vol.4(Last)】手持ち家電をIoTに!! スマート家電コントローラー RS-WFIREX3 レビュー

【管理人】あき
【管理人】あき

IoTシリーズ最終章。何度もシリーズ内で言っていた、IoT非対応家電をIoT化させるスマートリモコンの接続方法などをご紹介します。

IoT非対応家電をIoT化したい!!

今までのシリーズはこちら。

【IoT導入方法vol.1】家電全自動化を目指せ!! IoTでできること
【IoT導入方法vol.2】家電を買い替える必要なし!?IoTに必要なもの
【IoT導入方法vol.3】超簡単!家電とスマホ(タブレット)を接続する方法

上記の記事で何度もお伝えしてきたように、IoT非対応の家電でもIoT化する方法がある。
家電そのものを買い替える必要はなく、スマートリモコンと呼ばれる中継機的な製品を購入するだけで良い。

イメージ的には、
——
スマホ-スマートリモコン-家電
——
と、スマホと家電の間に噛ませることで、複数のIoT非対応家電をIoT化させることが出来るようになる。

いくつかのメーカーから発売されているが、僕が使用しているのはこちら。

こちらのレビューも兼ねて、使用方法を解説する。

接続方法

①中継機専用のアプリをダウンロード

Communication Information Internet Connection Concept僕が使っているラトックシステム社の中継機ならこのアプリ。

スマート家電コントローラ

 

スマート家電コントローラ

RATOC Systems, Inc.無料posted withアプリーチ

もちろん各社リリースしているアプリはそれぞれ違うので、機器にあったアプリをダウンロードして欲しい。

②製品をアプリとWi-Fiに接続

Wi-Fiメニュー画面の「家電リモコンの追加」から製品名を選択し、電源に繋ぐ。
赤色のLEDが点滅したら本体背面のQRコードを読み取ると、Wi-Fiの接続設定へと移る。
数分待ってLEDが消灯したら接続終了!

③アプリで家電を追加

家電メニュー画面から「家電の追加」を選択し、

製品のカテゴリ→該当の製品を選択。

たったこれだけ。割と古い機種にも対応している。

ちなみに僕は

  • 照明
  • エアコン

をこの製品に登録している。

手持ちの製品が一覧になくとも、赤外線リモコンがあればそれを登録することができる。
余程マイナーな機種でない限りは大丈夫だと思う。
僕の手持ちのプロジェクターは相当にマイナーなメーカーなので登録できなかった。

【予算5万円以下】僕が格安でホームシアターを導入した話【プロジェクター・スクリーンをレビュー】

具体的な接続方法は以上。
続いてSiriとAlexaとの連携機能。

④Siriショートカット・Alexaとの連携

IoTどちらもスマート家電コントローラーのアプリ側から設定する。

Siriショートカットの場合

登録した製品の画面の右上のメニューをタップし、登録したい操作を選択。

下の写真のような画面が出てくるので、音声コマンドを好きな内容に設定し、「Siriに追加」をタップ。

以上。簡単!!
登録したSiriショートカットはウィジェットに表示され、iPhoneからも操作できるようになる。
もちろんSiriに呼びかけての操作も可能。

Alexaの場合

家電リモコン一覧画面の右上のメニューを開き、「Amazon Alexaの設定」を選択。

2つのスキルが選択できる。好きな方を選ぶといいが、長い発話は正直うっとうしいので上のスマートスキルがおすすめ。

それぞれの設定をお好みでカスタマイズ。

以上!こちらも簡単。
これで Alexaからも操作できるようになる。

その他機能多数!!

  • IFTTT(イフト)機能(特定の条件下になったら家電を自動で動かす機能。室温が28度を超えたら冷房をつけるなど)
  • my daiz(docomoのIoTサービス)との連携
  • マクロ機能(ワンタップで複数の家電を操作)

これらに付いても解説したいが、ここで網羅するのは難しい、、、というより、ちゃんと公式マニュアルがある。

スマート家電コントローラー RX-WFIREX3 ユーザーズマニュアル

Android機やGoogle Homeとの接続方法、その他の機能についてはこちらを参照して欲しい。
この記事では最小限の機能を簡単にまとめたものにとどめてあるので、詳細も合わせて確認いただければ幸いだ。

IFTTTは僕も導入予定。
室温を察知して操作さえも必要なくエアコンを操作してくれるとか、、、素晴らしすぎる。ドラえもんかよ。

この製品のデメリット

スマートリモコンこのスマートリモコンには温度計・湿度計・照度計が付いているが、正直精度が怪しい。

おいている場所に問題があるのだろうか?

IFTTTでトリガーとしての条件に大きく関わるので、心配な人はIFTTT対応の単一の計測機を購入しよう。

僕も検討中。でも、、、安くないんですよねぇ。。。

これにてシリーズ完結!!

ロボットシリーズが完結したとはいえ、IoTはまだまだ発展途上の技術。
これからもどんどん新しい製品や機能が登場するだろう。その都度、IoTの記事はスポット的にアップしていきたい。

IoTの導入自体はそれほど難しくないものの、改善できるところは多くあると思う。
例えば手持ちの製品メーカーごとにアプリをたくさん入れる必要があったり。
業界全体で規格化などをしてくれたら改善の余地はまだありそうな気もするが、一筋縄では行かないところだろう。

しばらくは現状の環境でIoTを導入することになると思うので、このシリーズを見返してあなたのIoT導入のお力添えができれば何よりだ。

よろしければSNSボタンのクリックをお願いします。

管理人が軽く小躍りするくらい喜びます。

↓↓↓あなたのワンクリックが励みになります!↓↓↓

IoT接続方法【IoT導入方法vol.3】超簡単!家電とスマホ(タブレット)を接続する方法前のページ

【レビュー予告】Atmoph Window2(×3)が来る!!!次のページ

ピックアップ記事

  1. 【圧倒的スペック】【悪魔的価格】メイン機・iMac Proを徹底レビュー
  2. 【レビュー予告】Atmoph Window2(×3)が来る!!!
  3. 【世界初】IoT対応アロマディフューザー「Scentee Machina Qua…
  4. 【超快適】Apple純正スポーツループをレビュー!!
  5. 【IoT導入方法vol.4(Last)】手持ち家電をIoTに!! スマート家電コ…

関連記事

  1. 無線充電台購入時の注意点

    充電器・充電台

    【要注意】同時無線充電機の罠と至高の充電台レビュー【入手不可能?】

    現在僕が使っている充電器がこちら。機能的には以下。スマ…

  2. IoTで出来ること

    IoT関連

    【IoT導入方法vol.1】家電全自動化を目指せ!! IoTでできること

    今更聞けないIoTの基礎知識を解説!基礎知識から導入、使用…

  3. Scentee Machina Quattroレビュー

    アロマ ディフューザー

    【世界初】IoT対応アロマディフューザー「Scentee Machina Quattro(センティー…

    最初に必ずお読みください!!!この記事では僕が最近購入した、…

  4. 難しすぎるダストガード

    ガジェットレビュー

    【激ムズ!?】AirPodsProの汚れ防止シールを貼ってみた

    AirPods最大のデメリットAirPodsをお持ちの皆さま…

  5. おれの加湿空気清浄機

    ガジェットレビュー

    【実機レビュー】SHARP プラズマクラスター加湿空気清浄機

    管理人最大の弱点「鼻」今年も黄色い粉が襲いかかってくる季節が…

  6. バンドレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 作業効率化

    【保存版】クラウドの基本と各社サービス・料金の違いを徹底比較!
  2. マウスvsトラックパッド

    ガジェットレビュー

    Magic Mouse【vs】Magic Trackpad
  3. くず日記

    くず日記

    最近Amazonで買ったもの【くず日記vol.7】
  4. おれガジェかみくだきニュース

    かみくだきニュース

    【未来】ほぼホログラム?空中式タッチパネルが実用化されるかも
  5. 動画編集に必要なもの

    動画編集

    【動画編集を始める人必見】動画編集に必要なもの
PAGE TOP