俺のApple Watch

ガジェットレビュー

【史上最高のスマートウォッチ】Apple Watch Edition(series5)スペースブラックチタニウムケース40mmレビュー

管理人
管理人

管理人が毎日使っているApple Watch series5をレビュー! series5から登場したチタニウムケース。こちらを半年使ったレビューを書きます。耐久性を知りたい方は是非!

管理人が現在毎日つけているApple Watch

Apple Watch series5

前回の記事でも書いたように、series3でApple Watchに大きな可能性を見出した管理人。
Series 3を付けながら2019年9月のWWDCをリアルタイムで見ていた。
これはApple信者の恒例行事なのは言うまでもない。

視聴し終わり、僕は発表されたApple Watch Edition(series5)をいつの間にかポチっていた。
スペースブラックチタニウムケースの美しさに惚れたのだ。。。
そろそろ使い続けて半年になるだろうか。
今回はApple Watch series5のレビューを行おうと思う。
Apple Watchの基本機能について書いていてはキリがないので、そちらについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照いただきたい。

【必要?いらない?】Apple Watchでできること

メリット

チタニウムケースの美しさ

チタニウム

アルミニウムケースは無骨な感じで男らしくてかっこいい。
ステンレススチールケースはピカピカして女性にも似合うエレガントな質感。
これは僕の主観的な印象だ。
そしてチタニウムケースはその両方のメリットをいいとこ取りしたような贅沢なモデルだ。
カラバリもシルバーとスペースブラックがある。どちらの色も魅了的だ。。。
そして裏側まで美しい。

裏側

デザインに隙がないなぁ。。。

相当頑丈

販売前はチタニウムは柔らかいので傷付きやすいのではないかと心配された。僕自身、初代Apple Watchが現場で傷ついた経験があるので心配だった。
しかしいざ使ってみるとめちゃくちゃ頑丈。
半年使った今も新品と遜色ない。

頑丈

傷なし傷なしステンレススチールケースも頑丈だが、チタニウムケースの頑丈さはその上を行く。

アプリの立ち上がりが爆速

アプリ

iPhone並みにアプリの立ち上がりが早い。
Apple Watchに対応しているアプリがまだ少ないのが気になる点ではあるが、天気予報など簡単な情報の確認にもはやiPhoneは不要。

大画面の恩恵

大画面

基本的にApple Watchは2種類の画面サイズから選べる。
Series5では40mmと44mmから選択可能。僕は手首がそこまで太くないため見た目的に40mmのモデルを購入しているが、十分な大きさ。
誤タッチもない。

手との比較

しかし老眼の方や手首が太い方は44mmのサイズの方が使いやすく、見た目のバランスもいいかもしれない。

文字盤インフォグラフの恩恵

文字盤

series4以降で使える文字盤インフォグラフ。
文字盤に最も多くアプリや情報を配置できる。
僕は

  • 温度
  • 降水確率
  • PayPay
  • アクティビティ(運動量)
  • リマインダー
  • battery(iPhoneとApple Watchの充電残量を表示できる神アプリ0
  • habitify(習慣アプリ)
  • 日付

を表示している。

最も使用頻度が高いアプリの作業をApple Watchで簡単に完結することができる。

健康促進(危険回避)機能

これは「使っている」というより「備わっている」と行った方が正しい。
Apple Watchは定期的に脈拍を測ってくれている。そして異常な脈拍を検知するとそれを知らせてくれたり、激しい転倒を感知するとその場で救急車を呼ぶか確認してくれる。
僕は心臓を患っていないし、幸い転倒もここ数年していないのでこの機能が起動したことはないが、世界中でApple Watchに命を救われたニュースが非常に多い。

さらにはノイズが大きいところなどでは耳に悪影響を与える旨を通知してくれたりもする。
多少お節介かもしれないが、その辺りにAppleが本当に我々の健康を気遣ってくれている事が見受けられる。
本当にApple社がお母さんのように感じてきたぞ。。。

デメリット

高い

Apple製品のレビューのたびに書いているが高い。
チタニウムモデルはEditionシリーズに位置づけられているため、さらに高い。
初めてApple Watchを購入される方は、比較的安価なseries3で一度試されることをおすすめする。

心電図機能が日本では未対応

せっかく心電図計測の機能がついているのに日本では使えない。
厚生労働省の認可の関係だと思うが、使えない機能の金額も定価に含まれていると考えると損した気分になる。
これにより命を救った報道も出ているので、僕としては絶対に日本も対応した方がいいと思っているのだが、、、いつになることやら。

使用してきた中でどれもが最高評価のseries5

2020年3月現在、最新モデルなので当然ではあるが、耐久性・スペック・ルックス、どの観点から見ても今まで使ってきたApple Watchの中で最高点だ。
長く使うことが確定している方にはぜひseries5のステンレススチール以上のモデルをおすすめする。

以前の記事にも書いたし前述もしたが、Apple Watchに興味が湧いて初めての購入を検討されている方にはseries3をおすすめする。

毎日使用する端末なので合う合わないがあると思う。
合わなかったら大きく損をしてしまう恐れがあるので、安価なモデルをまず試した方が無難だろう。



よろしければSNSボタンのクリックをお願いします。

管理人が軽く小躍りするくらい喜びます。

↓↓↓あなたのワンクリックが励みになります!↓↓↓

選び方・使い方【結論】Apple Watchの選び方と使い方。4年間使用した答えがこれだ!前のページ

【要注意】同時無線充電機の罠と至高の充電台レビュー【入手不可能?】次のページ無線充電台購入時の注意点

ピックアップ記事

  1. 【詐欺】通販歴10年の管理人がフィッシング詐欺サイトに引っかかった体験記と対応
  2. 【本当に必要?】【実機レビュー】Apple Pencilの使い道!
  3. 【史上最高のスマートウォッチ】Apple Watch Edition(serie…
  4. 【初心者さん向け】ポイントは4つだけ!パソコンの選び方
  5. 【6年半使用】iMac 21.5inch(late2013)レビュー

関連記事

  1. おれの無印AirPods

    Apple製品

    【by元音楽関係者】AirPodsレビュー〜AirPods Proとの使い分けも解説〜

    最初のBluetoothイヤホン僕は6年ほど前、最初のBl…

  2. ガジェットレビュー

    【最速購入】AirPodsProレビュー

    アホ信者とAirPods Proとの出会いある日突如としてApple…

  3. Apple製品

    【圧倒的スペック】【悪魔的価格】メイン機・iMac Proを徹底レビュー

    最強のパートナー刮目せよ。。。!!!!これが僕の愛機。iMa…

  4. Apple Pencilレビュー

    Apple Pencil

    【本当に必要?】【実機レビュー】Apple Pencilの使い道!

    最高のスタイラスApple Pencilを購入するまでにも…

  5. おれの加湿空気清浄機

    ガジェットレビュー

    【実機レビュー】SHARP プラズマクラスター加湿空気清浄機

    管理人最大の弱点「鼻」今年も黄色い粉が襲いかかってくる季節が…

  6. Scentee Machina Quattroレビュー

    アロマ ディフューザー

    【世界初】IoT対応アロマディフューザー「Scentee Machina Quattro(センティー…

    最初に必ずお読みください!!!この記事では僕が最近購入した、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. おれガジェかみくだきニュース
  2. Scentee Machina Quattroレビュー
  3. 詐欺サイト
  4. NOMADO
  5. くず日記
  1. おれガジェかみくだきニュース

    iPhone

    次期iPhoneにディスプレイ内臓型の指紋認証が搭載されるかも!?
  2. Amazon神機能

    作業効率化

    【Amazonプライム会員必見】9割の人が知らない神機能とは!?
  3. クラウドサービスってなに?

    作業効率化

    【初心者向け】クラウドサービスとは?
  4. おれガジェかみくだきニュース

    かみくだきニュース

    日本から切符が消滅する日は近い?
  5. おれのiMac

    ガジェットレビュー

    【6年半使用】iMac 21.5inch(late2013)レビュー
PAGE TOP