AirPodsシリーズ

【AirPods第3世代】買うのは間違い!?AirPodsシリーズを全網羅した管理人的見解

【管理人】あき
【管理人】あき

AirPods第3世代を検討中の方には是非読んで欲しい記事です。

買ったけど正直後悔

AirPods3いや、後悔というより、「適切な選択でなかった」というのが本音。

AirPods Maxはちょっと立ち位置が違ってくるので省くとして、結論から書こうかな。


音楽を楽しみたい方はAirPods Proを買うべき。
音楽を聞く習慣がなく、通話メインで使用したい方は従来より販売されている第2世代AirPodsで十分。

 

・・・。

そう、個人的には第3世代AirPodsは買う必要がないと考える。

公式サイトでは現在の価格で、第3世代AirPodsの値段は23,800円

AirPods Proの値段は30,580円

差額は6,780円

AirPods Proに搭載されているノイズキャンセリング・外部音取り込みモードは、僕としては6,780円以上の価値があると考えている。

つまり、

「AirPods第3世代を買うならAirPods Proを買っちまえ!!!」

というのが僕としての結論だ。

(どうしてAmazonはちょっと安いんだろう 笑)

それなのになんで管理人は買ったの?

AirPodsケース僕はAirPods Proを所有しており、仕事で使う通話用としての予備的立ち位置で初代AirPodsを使用していた。
が、初代が流石にボロボロでバッテリーもヤバめ。接続も途切れまくるので、新型が発売されたら速攻で買い替えることを決めていた。

というか。

何故だかAirPodsシリーズは発売されたら勝手にポチってしまうのだ。

【最速購入】AirPodsProレビュー

AirPods Max実機レビュー。9つの圧倒的メリットと4つの致命的なデメリット

悪い右手である。

AirPods Proとの大きな違い

さて、第3世代AirPodsの立ち位置は

AirPods第2世代とAirPods Proとの中間

と言って遜色ないだろう。

とはいえ、その仕様はAirPods Proに相当近くなっている。
そこで、第3世代AirPodsとAirPods Proの大きな違いを見てみよう。

イヤーチップの有無

イヤーチップ比較AirPods Proはシリコン製のイヤーチップが付属し、耳に入れ込むタイプ。
このイヤーチップは3つのサイズが最初から同梱されていて、多くの方の耳のサイズに合う。

対して第3世代は、従来の無印AirPodsのようなタイプで、イヤーチップが装着できない。

「シリコン製イヤーチップは耳の穴が蒸れる」

「耳の穴に入れ込むタイプのイヤホンが苦手」

とおっしゃる方も少なからずいるだろう。
そのような方には嬉しい仕様になっているのではないだろうか。

ノイズキャンセリングがない

Music headphonesおそらく最も大きく違うのがノイズキャンセリングの有無。

第3世代AirPodsにはノイズキャンセリング、および外部音取り込みモードが搭載されていない。

この機能が大いに役立つのは電車や飛行機など、移動シーンだと思う。
これは文字通り「世界を変える」機能。
是非とも全人類に体験して欲しい。

その素晴らしさをご存じの上で第3世代を購入される方は良いとして、未経験の方は多少金額を上乗せしてもAirPods Proを購入する価値はあると思う。

肌検出センサーと光学センサー

AirPods唯一、AirPods Proを凌いでいるのがセンサー周り。
肌を感知することで装着しているかどうかを判別しているようだ。

第2世代AirPods、AirPods Proは光の有無で装着しているか判別している。
しかし第3世代AirPodsは肌(体温か?)で判別している。

これによって、ポケットの中で裸のAirPodsがシャカシャカなる事象がなくなる。
まぁ、、、基本的にはケースに入れてポケットやカバンに入れるだろうから、そこまで恩恵はないんじゃないかな。

なんとなくAppleらしくないラインナップになった。

冒頭にも書いた通り、AirPods第3世代を買うならAirPods Proを買った方がいいと思う。

というか、、、めちゃくちゃマーケティング的に考えると、第2世代AirPodsを生産中止にして、ユーザーの選択肢をひとつ奪ってしまえば良かったんだ。(その場合、第3世代は安価になっていると嬉しい。)

そうすれば

  • イヤーチップの有無
  • ノイズキャンセリングの有無

この差だけをユーザーは比較し、どちらかを選ぶことができる。
AirPodsの平均価格も上がり、Appleの収益も上がるだろう。
今回のラインナップは強気なAppleらしくないと感じてしまうのは僕だけだろうか?

クオリティ自体は流石Apple

とまぁ、割と批判的に書いたが、第3世代AirPodsのクオリティそのものは完璧。
初代と比較すると格段に接続速度は上がっているし、空間オーディオやヘッドトラッキング機能は本当に素晴らしい。

「探す」アプリにも対応しているので、紛失のリスクも格段に低下。

購入された方は落ち込まなくていい。
「買って後悔」だの、「考えが足りなかった」だの書いているが、それは僕個人の使い分けに関してのみ。

それに、初代AirPodsの引退によって僕はこの第3世代AirPodsがすでにメインとなっている。
使い方的に最も利用するAirPodsになるだろう。

【保存版】AirPodsシリーズ完全網羅!!選び方と使い分け方【AirPods/AirPods Pro/AirPods Max】

適切な選択ではなかったとはいえ、今後のAirPods第3世代との生活が非常に楽しみだ。

 

よろしければSNSボタンのクリックをお願いします。

管理人が軽く小踊りするくらい喜びます。

↓↓↓あなたのワンクリックが励みになります!↓↓↓

 

【ブチギレ】SIMロック解除できない!docomoから他社への乗り換えの際に注意すること(エラーコード44691)前のページ

急いで買え!!1世代前の AirPods Proを!!!!次のページ

ピックアップ記事

  1. 【-10kg達成】レコーディングダイエットにはApple Watchを使え!!
  2. 【お知らせ】管理人の使用ガジェットのページを作りました
  3. 第3世代AirPodsレビュー! 初代・第2世代からの圧倒的進化
  4. 【必読】詐欺メールの見抜き方。VISAを騙る偽メールが超高クオリティだったので徹…
  5. 【悲報】Apple純正レザーウォレットを7ヶ月間使い続けた結果。思いもよらない事…

関連記事

  1. AirPodsシリーズ

    【AirPods Max】最新ファームウェアを検証!バッテリードレイン解消か

    AirPods Maxに発生していたバッテリードレイン問題詳…

  2. Mac

    iMac Proが生産中止!ヘビーユーザーの管理人が思うこと

    突然の生産終了のアナウンスiMac Proが…

  3. おれガジェかみくだきニュース
  4. iPhone

    【-10kg達成】レコーディングダイエットにはApple Watchを使え!!

    最強のダイエットの味方!ダイエットや健康に気を遣う方にとって…

  5. 神アプリ

    Apple Watch

    【超厳選】Apple Watchに入れるべきおすすめ神アプリ3選

    Apple Watchの初期設定が終わったらApple Wa…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. おれのHomePod

    HomePod

    【IoTには不向き?音質は?】もはや現代の白魔法。HomePodをレビュー!
  2. ガジェットレビュー

    【iPhone12】MagSafeレザーウォレットレビュー!ミニマリストに打って…
  3. IoTで出来ること

    IoT関連

    【IoT導入方法vol.1】家電全自動化を目指せ!! IoTでできること
  4. くず日記

    元モデルにも聞いた個人的ダイエット忘備録。ネット上の情報は信じるな【くず日記vo…
  5. 未分類

    【2021年】新年のご挨拶
PAGE TOP